学校紹介

学校の特徴

 

本校の目指す生徒像に向けて

 自らを律し、自他を敬う心豊かな生徒 「徳」

中学生の時期は、心身の調和のとれた人間形成をはぐくむ上で重要な時期です。よって、教育活動全体を通して、自己との関わりから、多面的・多角的に捉え、人間としての生き方について考えていきます。教職員は、つねに心の目で見るまなざしを忘れることなく、一人ひとりの生徒に秘められた可能性を信じて、引き出し、育て、成長の手助けをします。

 

自ら学び、自ら向上を目指す知性豊かな生徒「知」

飯塚市内の小中学校では、校区内の小学校から中学校までの各学校が小中一貫教育に取り組んでいます。「基礎・基本の定着」に向けて、徹底反復学習による取組を実施。「主体的・対話的な学びから深い学び」に向けて、協調学習の学習理論やIT教育を進めています。グローバル化に対応する事業として、小学校で行うオンライン英会話からオールイングリッシュに向けたコミュニケーション能力の向上に力を注いでいます。

 

自ら生命の安全を図り、身体を鍛えるたくましい生徒「体」

学ぶ意欲や自尊感情、チャレンジ精神、勤勉性や困難に立ち向かう心等、生徒が自立的に成長するための人格的資質の育成に努め「鍛ほめ福岡メソッド」を取り入れた様々な教育活動の推進に努めています。その中で、何事にもあきらめず、生徒一人ひとりはその個性に応じて、学習にスポーツに恵まれた環境で日々成長しています。

 自ら夢と志をもつ生徒 「志」

計画的なキャリア教育を計画、実施し、生徒の発達段階に応じた勤労観や職業観を育み、将来への目標を定めています。そのために、地域や地元企業との連携を密接に図り、地域のニーズに応じた職業教育を展開することを目指しています。

 

 

私達教職員一同、飯塚市立飯塚第一中学校をますます発展させるため、さまざまな取り組みを考えておりますが、まずは、すべての授業において特別支援教育の理念を根幹に据えた教育活動に努め、お互い言い合えて認め合える言語環境の充実に努めています。

世界の人々と「共に生きる」卒業生を送り出すことができるようまずは、学級体制を整え、その基礎として世界に通じる学力の向上をはかっていきたいと思います。

 これらの方策によって、飯塚第一中学校の目標を達成すべく職員一同頑張っていきたいと考えております。

飯塚第一中学校