学校沿革

 

明治 8年       小路に設立開校 初代校長 糟谷澄平
明治 11年       弥山に簡易科を設置(分校の前身)
明治 14年       初等小学校と改称
明治 19年       内野尋常小学校と改称
明治 33年       現在地に新築移転
明治 38年       給食場・防火用兼プール完成。
明治 42年       高等科を併置
昭和 7年       学校開墾地完成
昭和 22年       学制改革により、内野小学校と改称し、高等科は内野中学校に分離(小中学校同居)
昭和 23年       桑曲区内野村に編入  父母教師会発足・学校給食開始(D型給食) 
昭和 24年       内野小学校全改築落成
昭和 29年       弥山分校改築落成・創立80周年記念式典施工・図書館完成
昭和 30年       内野・上穂波・大分三村合併し筑穂町となる
昭和 32年 4月 25日   未明に講堂と本館、教室を焼失(中学校は定時制高校内野分校に移る)
昭和 36年 12月     「希望の庭」工事完了
昭和 38年 9月     給食場完成・給食開始(完全給食)
昭和 39年 5月     「いずみ図書館」完成・90周年記念式典施行
昭和  42年 7月     視聴覚施設の充実(教室)
昭和 44年 10月     放送室完成
昭和 47年 12月 1日   給食食堂完成・米飯給食開始(米飯 週3回)
昭和 50年 5月     開校100周年記念行事実施
昭和 51年 4月     学校統合により内野中学校閉校、開墾地全部を担当
昭和 52年 11月     給食努力校として受賞
昭和 53年 7月     野外給食場完成
    9月     分校 NHK全国放送
    10月 14日   給食優良校として受賞
昭和 54年 4月 4日   福岡県学校給食会研究委嘱校 塚本奨学会発足
昭和 55年 4月     福岡県教育委員会研究指定校委嘱校(学校給食)
    11月 15日   全日本よい歯の学校表彰
昭和 56年 11月 10日   福岡県教育委員会研究指定校発表会、給食優秀校として受賞(10月15日)
昭和 57年 10月 14日   学校給食優秀校として文部大臣より表彰状をうける
昭和 58年 2月 26日   県農協共済主催作文コンクール団体優秀賞として受賞
昭和 59年 3月 10日   「勤労者青少年体育センター」(通称 体育館)落成式
昭和 60年 10月 8日   新校舎落成式
昭和 61年 3月 24日   弥山分校閉校式
    9月     屋外トイレ完成
昭和 62年 2月 10日   スケート教室開始(全校)
昭和 63年 1月 10日   梅林園 梅苗木植樹(97本)
    2月 15日   特設足洗い場設置
平成 元年 1月 24日   梅林園 梅苗木(30本)
    7月 7日   本陣園との七夕交流会開始
平成 2年 12月 12日   野外給食場完成
    12月 18日   県農協共済主催、夏休み作品コンクール学校奨励賞受賞
平成 3年 7月 23日   サンビレッジ茜にてスキー教室実施(4,5,6年)
平成 4年 3月 3日   ピアノ寄贈(故 大庭民男氏)披露会を行う  ピアニスト 永芳久子氏
平成  5年 6月     屋外倉庫完成
    8月     とり小屋完成
平成 6年 4月     福岡県福祉振興財団研究指定委嘱校(福祉教育)
平成 8年 10月 31日   福祉教育研究発表会(第三年次)参加212名
平成 9年 10月 17日   子ども110番旗配布
    12月 17日   宗像委員長、犬丸校長NHKテレビ出演(山村留学)
平成 10年 4月 1日   山村留学生3名転入
平成 11年 8月 21日   3年生 そばの種まき
平成 12年 11月 16日   筑穂町指定研究発表会
平成 13年 11月 18日   内野っ子まつり開催
平成 15年 3月 9日   チャレンジスポーツ県知事表彰
    11月 16日   学校梅林 梅苗木植樹
平成 16年 11月 12日   筑穂町研究指定発表会
平成 20年 9月 1日   図書室エアコン設置
平成 21年 8月     3泊4日のサマースクールキャンプ実施
平成 22年 4月     内野児童クラブ開設
平成 23年 4月     飯塚市立学校特認校制度実施要項制定(小規模特認校指定)
平成  24年 4月     筑穂中学校区小中一貫教育推進事業発足
平成 25年 4月     筑穂中学校区小中一貫教育推進事業組織再編(SEL8実践研究指定)
内野小学校