学校沿革


昭和 22年   創設(飯塚一中と併設、現飯塚一中の地に開設)
昭和 24年   校舎新設(現在の立岩小の地)
昭和 29年   飯塚三中と分離し、現在地(旧立岩小の地)に移転
昭和 34年   プール新設、完成
 昭和 35年   校旗、制定
昭和 38年   講堂兼体育館完成
昭和 39年   校歌制定、学校放送施設完成
昭和 40年   相撲場新設完成
昭和 41年   鉄筋2階建て新校舎完成
昭和 45年   正門・校門扉完成
昭和 46年   給食着到場改修完了・給食開始
昭和 52年   管理棟・特別教室完成
昭和 55年   運動場排水工事完了
平成 4年   特別教室(音楽室・技術室・武道場)完成、パソコン教室完成
平成 11年   新体育館完成
平成 14年   教室棟大規模改装
 平成 16年   市指定委嘱校研究発表会
『一人ひとりが生き生きと活動する生徒の育成』
台風による臨時休校(4日)
平成 18年   AEDの設置
平成 21年   校地東側道路舗道新設工事
管理棟1F廊下照明改善及び外灯設置
各教室地デジ対応TV設置
 平成 23年   文部科学省「道徳教育総合支援事業」
道徳教育研究推進校 公開授業
「心からそう思える生徒を育てる道徳教育」 (24年度も)
平成 24年   教室棟 耐震・大規模改装工事完了
平成 25年   管理棟 耐震・大規模改装工事完了
給食調理場完成
飯塚第二中学校