小中一貫教育の取り組み

1 目標

 

   穂波西中校区のすべての小学校、中学校が手を取り合い、9年間を見通した教育を推進していくことで「志を立てて未来を拓く児童・生徒」の育成を目指します。

 

(1)小中学校が互いに情報交換、交流することを通じて、小学校教育から中学校教育への円滑な接続を目指します。

(2)4部会及び教科・領域部会をとおして、小・中学校が九年間を通じた教育課程を編成し、それに基づいた系統的な教育の実践を目指します。

 

2 推進校

 穂波西中学校区4校(中1・小3)

 【穂波西中学校・若菜小学校・椋本小学校・高田小学校】

 

3 推進にあたって構成する会

   推進者会・・・・・・校長、教頭、教務(小中一貫教育コーディネーター)

             全体の計画を立案、運営していきます。

 

   全 体 会・・・・・・全員参加

              推進に関して共通の内容についての研修を実施します。

 

         4 部 会・・・・・・すべての教員がどれかの部に所属し、小中一貫教育を推進していきます。

              豊かな人間性部会(代表:椋本小学校)  キャリア教育、SEL-8Sなど

                学力向上部会  (代表:高田小学校)    協調学習、プログラミングなど

                体力向上部会  (代表:若菜小学校)    早寝早起き朝ご飯、1校1取組など

                自主・自律部会 (代表:穂西中学校)    履物そろえの取組、校区のやくそくづくりなど

 

         教科・領域部会・・・小学校と中学校の関連深い教科、領域を組合せ、部会を設定

 

4 取組の予定

        全体研修会 (例年5月下旬~6月上旬に実施) 

                 全体会・・・・・・推進にあたっての一年間の流れの確認(組織、昨年の流れなど)

                 第1回4部会・・・部会テーマ、構想図、年間計画の検討

 

        授業公開研修 (日時未定)

                 代表校による授業公開  

                 意見交流会

 

        講師研、教科・領域等部会 (例年夏期休業期間中に実施)

                 全体会・・・・・・講師研

                 教科・領域部会・・9年間の見通しを持った取組についての協議・意見交流など

   

        4部会

                 第2回4部会・・・実践交流など (例年11月に実施)  

                 第3回4部会・・・1年間のまとめ、来年度の方向性の検討 (例年2月に実施)