校長室

校長挨拶

 

 

 「花と緑の庄内中学校」校長の内山博志です。

昨年度に引き続き、この任にあたれることに対し喜びを感じると同時に大きな使命感を感じています。

 

本校は「花と緑の活動」と「国際教育」を大きな柱とし、地元を愛し世界・未来に目を向ける生徒の育成を目指し進んでまいりました。そしてPTA活動や地域の協力のおかげで、ようやく今の落ち着いた学校へと成長を遂げることができました。

 

目指す生徒像の1つである「時を守り 場を清め 礼を正す」姿は、ノーチャイム3分前行動 おそうじだいすきそしてあいさつ運動という庄内中学校の伝統として引き継がれています。

 

さて、近年AI(人工知能)の発達により近い将来多くの職業が機械化されるとこなどを見越し「予測困難な時代」「先行きの見えない時代」と表現される場面を目にします。しかし科学の進歩によってもたらされる社会なのですからもっと大きな期待を持っていくべき事ではないでしょうか。労働に関しても、余暇の過ごし方に関しても、今より豊かでゆとりある時代がやってくるのですから。

 

だからこそ、そんな社会で生きていくために求められる力を身につけさせたい。

子どもたちの将来を可能性に満ちたものにするために、学校・家庭・地域が一体となって努力していきたいと思います。どうぞご理解とご協力をお願いいたします。             

                                             飯塚市立庄内中学校

                  校長 内山博志                             

庄内中学校