学校沿革

 

昭和 45年   赤坂・仁保の両小学校が廃校となり、昭和45年4月1日より両校が統合して、庄内町立庄内小学校として発足
昭和 47年   新校舎完成・体育館・運動場完成
昭和 48年   特殊学級2学級設置
昭和 49年   理科観測園設置
昭和 50年   給食室完成
昭和 53年   借田により田植え・稲刈りを開始
昭和 54年   北校舎東側6教室増築
昭和 56年   北校舎東側3教室3階増築
昭和 60年   給食費納入の銀行振込開始
昭和 61年   放送室完備、全教室テレビ設置
昭和 63年   プール浄化槽改修工事
平成 2年   中庭に遊具設置。校舎大規模改修一期工事
平成 3年   中庭に遊具設置。校舎大規模改修二期工事
平成 7年   大規模工事特別教室着工
平成 18年   市町村合併により、庄内町立庄内小学校から、飯塚市立庄内小学校に改称
平成 23年   第一期耐震及び大規模改修工事着工でエレベーター取り付け及びトイレのリニュアルが行われる。
平成 24年   第二期耐震及び大規模改修工事着工で北側校舎特別教室改修及び体育館大規模改修。
平成 28年   電子黒板(1台)導入
平成 29年   電子黒板(3台)追加導入
       

 

庄内小学校